2010年04月27日(火)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月27日    第01878滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【呼吸するだけで赤字】
 +
────────────────────────────────□──

 友人から頼まれて仕方なくビジネス・エッセイのようなものを書きました。

 そのタイトルが「呼吸するだけで赤字」。

 よく思うのですが、オギャーと生まれてから今日まで一体、
 自分自身に何人の聖徳太子や福澤諭吉が掛かったのでしょうか?

 産婦人科(私は助産婦さん)で生まれた費用。毎日のミルク代から始まって
 今日までの45年間。

 法律上&道徳上、親の子への扶養義務はありますが、
 それを度外視して考えてみるとこれが結構、掛かるものです。

 食費や衣料代、電気代、ガス代、下手をしたら部屋代(家賃)等々を含め
 一日3000円掛かったとして、45年間で5000万円です。

 それに学費や医療費等すべてを含めると莫大な経費が掛かって
 今日まで生きてきたことになります。

 先にも言いましたとおり、親から子への扶養義務は無視します。

 すると今の段階で±の収支は、黒(+)でしょうか赤(-)でしょうか。

 今までに自分自身で稼いだ賃金が、それを上回っていれば黒字。
 そうでなければ「呼吸するだけで赤字」です。

 赤字でもそれが会社であれば、整理をして終わることができます。
 しかし、これ以上整理しようのない生身の人間の場合、無理です。

 義務教育期間中に掛かった費用を親へ「返済」しろとは言いませんが、
 少なくとも生まれてから今日まで掛かった経費分だけは稼ぎたいものです。

 そんなたあいないエッセイを書きました。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 あと最近、強く思うことは、現在45歳。

 この先、120歳まで生きたにしても、
 普通に「美味しい」と感じることができるのが、私は65歳まで。

 残りは20年間。

 すると、晩ご飯を食べる回数は7300回。

 これを多いと思うか少ないと思うかは別にして、
 確実に日々カウントダウンは始まっているのは事実。

 ですので、美食を追及しようとは決して思いませんが、
 少なくても不味いものだけは絶対に食べたくはない。

 ただ、マクドナルドの100円バーガーを美味しいと思うときもあれば、
 1万円のコース料理を「肩が凝るだけ」と思うときもあります。

 今日まで生きてきた自分の人生、この先も生き続けるであろう
 不確かな日々を数字で表すと違った見方ができて面白いものです。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

2010年04月22日(木)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月22日    第01877滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【ファブリーズを見ながら思ったこと】
 +
────────────────────────────────□──

 目標を達成する仕方もそう。仕事を無難にこなす方法もそう。

 人間関係を円滑にし、人生を楽しく生きる術(すべ)もそう。

 自分の身の回りには、絶えず2つの選択肢(やり方)があると思います。

 とすると、頭のいい人や効率ばかりを追い求める人たちは、

 「早く決着をつけたいからその2つの方法を同時にやろう」と考えます。

 だから、上手くいきません。

 窓を開けて換気しても消えないしつこい部屋の臭いをどうにかしたいとき、
 あなただったらどうしますか?

 そうです、10人中8人はホームセンターへ行きます。

 そして目の前には、2つの選択肢が並んでいるのです。

 芳香剤と消臭剤。

 その2つ、一気(同時)に使えませんよね。

 せっかくのラベンダーの香りが、消臭剤によって掻き消されてしまいます。

 芳香剤には芳香剤の使い道が、消臭剤には消臭剤の使い道があります。

 目的や目指す方向は同じでも、使い道がまったく違うということです。

 そんなことをバローホームセンターのファブリーズを見ながら思いました。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 ということで、私の部屋に充満した臭いはどうすればいいのでしょうか。

 おまけに今日は雨。

 中学時代、杏里の『オリビアを聴きながら』を聴きながら、
 ジャスミンの香りがいいと思い、その芳香剤を置いたことがありました。

 美濃町のおばあちゃんちの便所の臭いじゃねぇかよ!と憤慨したものです。

 話はコロッと変わりまして、新たなダントツ日記サイトを構築しました。

 http://www.dandysugiyama.com/(ベータ版)

 旧ブログから移行したばかりなので、画像のサイズなどがバラバラですが、
 徐々に整えていきます。

 また、メルマガのバックナンバーもすべてこのサイトに格納していきます。

 ダントツ日記は日記なので、私が生きている限り完全日刊です。
 1週間以上更新がなければ、死んだと思って間違いありません。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

2010年04月20日(火)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月20日    第01876滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【就職ではなく就社のススメ】
 +
────────────────────────────────□──

 今までに会社を辞めた人@100人以上にその理由を訊ねたことがあります。

 でも、本当は85人だったかも知れない。まぁ、それくらいの人数です。

 その辞めた理由の中で最も多かったものは、人間関係(89%)でした。

 一口に人間関係と言ってもいろいろとあります。

 それが上司であったり、同僚であったり、仕入先、お客さんであったりと。

 とにかく対象が「人」の場合であると答えた人が全体のほぼ9割もいました。

 その他には、家庭の事情、性に合わない、やりがいがないなどの理由が
 とろろ昆布のポヤポヤの綿毛ように薄っすらとありました。

 要は、仕事自体が嫌で辞める会社員などほとんどいない!ということです。

 人間、中でも特に日本人は恐ろしいまでの順応性を備えています。

 最初はその仕事や作業が好きでもなかった。いや、たとえ嫌いであっても、
 なんだかんだとやっているうちに慣れてしまい、居心地がよくなります。

 嫌な奴さえ居なければ。

 だからこの際、就職ではなく就社を心掛けてはいかがでしょうか。

 就職というのは、デザイナーになりたいとか栄養士になりたい。
 または、それらを必要としている会社に入りたいというものです。

 ところが一方の就社というのは「あの人がいるからあの会社に入りたい」と
 いう企業風土を最優先するものです。

 つまり職種から探すのではなく、自分がそこに居てきっと心地良いだろうと
 思われる会社を探したほうが長く続くということです。

 だって、やりがいがないからという理由で辞める人はほとんどいませんので。

 「将来の夢は?」と小学生に訊ねると大工さんとかお花屋さんと答えます。

 そう、そのカテゴリで選択する感性が将来の自分を苦しめるとも知らずに。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 今一度、福澤諭吉の顔色は変わらないということを肝に銘じて下さい。

 どんな職業であれ、いただくお札の柄はまったく違わない。

 であれば、どの職種でも構いません。

 職種から自分の進むべき道を選ぶのが就職。
 一方、自分の居心地を優先させるのが就社。

 いくら高い給料をもらっていても居心地が悪ければ必ず辞めます。

 その大きな原因が人間関係です。上司、同僚、仕入先、お客さん。

 もっと言えば、なんでもかんでも会社に多くを求め過ぎなんですよね。
 会社は、給料をもらうためだけの場所に過ぎないと割り切るべきです。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

2010年04月14日(水)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月14日    第01875滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【最後は、廃業か破産しかあり得ない】
 +
────────────────────────────────□──

 今日は、起業する際に心がけておくべきことをお話します。

 起業する理由は、いろいろとあります。

 「その仕事をどうしても自分1人の意志と手でやりたかった」というのが
 一番格好いいのですが「リストラに遭ったから」という人もいるでしょう。

 いずれにせよ、スタートラインに立ち、号砲が鳴ったからには
 嫌でも進まなければなりません。

 どっちに?

 そうです、死にです。

 オギャーと生まれますでしょ。すると「可愛い♪」とか「めでたい!」とか
 そんなことばかり微笑みながら言い合っていますが、

 100%死へのカウントダウンが始まったんですよ。

 生まれなければ絶対に死なないんだから。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 会社もまったく同じです。会社は、商法上では「法人」と言います。

 要は、人格を持つ組織です。だから、生身の人間と同じく最後は死にます。

 ということは、起業(オギャーと生まれる)した段階で、
 着地点(墓場)を考えておくことが非常にインポータントなことなのです。

 これからスタートするときに縁起でもないとお思いでしょうが、
 会社とともに心中する気なら別にそれでも構いません。

 しかし今、起業して30年続くことは10000%あり得ません。

 あなたの余命が30年もなければそれでもいいでしょうが、
 体だけは健康で31年も生きた日には生き地獄ですよ。

 でも、それは小さな会社に限ったことでもありません。

 世の中にあるすべての会社はまったく同じ着地点です。

 そう、最後は、廃業か破産しかあり得ません。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ただ、上場という逃げ道があっただけのこと。

 上場企業とは、最初にその会社を作った人(創業者)のものではなく、
 そこら中にいる株主のものなのです。要は、人様の所有物です。

 ところが、世の中に存在する99%の中小零細企業は、
 社長=オーナーという図式です。

 つまり、会社が倒れたら身包み担保の個人(自分)までも一緒に倒れます。
 確実に連帯保証人になっているので、家や高級車や地位や名声だけでなく、

 人間としての存在価値までも失います。

 それがオギャーと生まれたときに分かっているかどうかが大きな問題です。

 今日は久しぶりに長くなったので、一筆後記に流します。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 そして最後は、廃業か破産。

 でも、この両者の意味するところはまったく違います。

 それまであった会社がなくなるということは同じです。

 でも廃業は、会社の資産を±0にして終わる(個人資産は結構ある)ことで、
 破産はすべてを失う(明日食う米も危うい)こと。

 この2つのどっちかしか着地点は絶対にない!

 未来永劫どころか、孫子の代までの繁栄など10000%あり得ない。

 30年どころか、起業してから3年維持できる会社は数%しかありません。

 「代表取締役 ○○○○」という名刺を配って喜んでいる場合じゃない。

 名刺なんか印刷会社に頼めばいくらでも刷ってくれます。

 たった今、マウス片手にこれを読んでいるすべての人の共通点は、
 確実に死に近づいているということだけです。だったら、

 最初のうちに着地点をどうするのかを決めておくことは当たり前のこと。

 森羅万象、この世に生まれた時点で死へのカウントダウンの始まりです。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

2010年04月13日(火)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月13日    第01874滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【仕事は巨大な紙粘土の塊から始まる】
 +
────────────────────────────────□──

 仕事に限らず何でも同じだと思うのですが、

 世の中に「ないものは物理的にない」ですよね。

 前にも言ったように「発明ではなく、発見しかない」と。

 電気もエジソンが発明したのではなく発見しただけ。

 最初から存在するものを具現化しただけのことです。

 そこで本題。

 仕事もそれとまったく同じです。

 多くの人は「新事業を0(若しくは1)から立ち上げる」と言いますが、
 最初から存在しない事業を立ち上げることは絶対にできません。

 すべてある。この世の中に存在する。

 あるものをいかに上手く整えるか、削るかだけです。

 もっと分かりやすく言えば、目の前に巨大な紙粘土の塊があるとします。

 それを少しずつ丁寧に削っていくことが新しい仕事です。
 間違っても、0から組み立てていくことではありません。

 しかし、それを理解している社長は100人中0人です。

 みんな0ベースからベタ基礎を作り、柱を立て、
 太い梁を組もうと一生懸命に作業をしています。

 だから、完成したものを見れば、わけの分からない抽象的な
 儲かるかそうでないか目を疑いたくなる物体がそこにあるだけ。

 あるものをいかに上手く整えるか、削るかだけを考えてやれば、
 仕上がったものは極めて単純でシンプルなものになるはずです。

 ない知恵を振り絞って考えた挙句の分厚い経営計画書のその中身。
 たった1円の価値もないことを一生懸命にやっているだけじゃないですか。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 まだ実物を観たことがないので何とも言えませんが、
 ガウディのサグラダ・ファミリア。

 完成までにあと200年以上もかかると言われていますが、
 あれは「0から組み立てている」のでしょうかね?

 下から見上げる素人たちからはそう見えても、
 空の上にいるガウディからすれば、削っているだけのようにも思えます。

 できる人間のいい仕事とは、得てしてそーいうものではないでしょうか。

 昨晩は、雨のせいで頭が痛くて午後9時半に寝ました。今日は、
 たまった仕事を片付けないと叱られるのでこの辺で失敬します。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

2010年04月12日(月)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月12日    第01873滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【月曜の雨の午後にはスピンオフ劇場】
 +
────────────────────────────────□──

 雨の月曜日なのでサラッと軽い感じでお話します。

 どの会社にも主人公はいますよね。
 それが社長であったりトップ営業まであったりと。

 本当は、自分自身なのですが、
 今回は見方を変えて怠惰な時間を楽しく遊ぶ方法です。

 毎日、社長やトップ営業マンを中心に会社が動いています。

 それをドラマで例えれば『相棒』の水谷豊であったり、
 『踊る大捜査線』の織田裕二といったところです。

 午後3時。まだ降り続いている冷たい雨。

 そこで会社の中でスピンオフを展開しようじゃありませんか。

 つまり、日頃スポットが当たっていない人を主人公にして、
 その人を中心にしたら会社がどのように展開するのかを空想するのです。

 居ますでしょ、今ひとつパッとしないけど、
 居なかったら居なかったで困るような存在の加藤君が。

 そうです、加藤君は経理課に属する35歳の男性です。

 部署柄、新規顧客を開拓するわけではありませんが、
 異様なまでの数字に対する分析力というかこだわりがあります。

 『相棒』で言うところの鑑識の米沢さんで、
 『踊る大捜査線』ではユースケ・サンタマリア演じる真下正義。

 いい味を出していて、そこになくてはならない存在ですよね。

 お、加藤君が給湯室に入った。珈琲を片手に出てきた加藤君。
 そのまま自分の机に向かうとおもむろに電卓を叩きはじめた。

 という具合にジッと観察をしながら、加藤君がどのように会社に対して
 貢献するのかを実写をまじえて空想します。

 おそらく、空想が病みつきになる人も多いのではと勝手に予想します。

 日頃、スポットが当たっていないけど、そこに居なくては困る存在。

 ザッと見渡せば、あなたの身の回りにも多いのではないでしょうか。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 物事の進捗状況や全体像を把握するためには、俯瞰します。

 要は、地図帳を読むときのように上空から下を眺めるやり方です。

 一方、事が同時進行で進んでいるときに、
 自分の身の回りのスタッフの同行を察知するときは同じ目線で眺めます。

 そのときに、目立つ主人公を外し「米沢さん」や「真下正義」のような
 いぶし銀的な仕事をしている人間に照準を合わせて観察してみましょう。

 それを「スピンオフ劇場」と専門用語では呼んでいます。私だけですが。

 まぁ、最低でも3時間は十分に楽しめます。

 それに180度も見方を変えるので、いろいろと細かな部分に気づき、
 従来の自分の仕事にもいい影響を及ぼすことは間違いないです。

 絶対に保証などしませんが。

 居なかったら居なかったで困る加藤君を観察しましょう。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

2010年04月9日(金)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月09日    第01872滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【めぐり会う要件】
 +
────────────────────────────────□──

 就職難でもあり、求人難でもあるのが不可解な昨今。

 よく「いい人材がいないねぇ」と漏らす社長が多いですが、
 そんなとき「どーいう人間がいい人材なんですか?」と聞き返してやります。

 まぁ、ほとんどの社長が答えられませんね。

 「なんとなくいい人」とか「フィーリングが合う人」とか、
 笑ってしまうほど曖昧な答えが多いです。

 中には「よく売ってくれる若者」とか「ノルマを達成する奴」と答える
 社長もいますが、そんな連中はとっくに自分で会社を興しています。

 よく売ることができないから、ノルマも達成することができないから、
 安い給料だけど他所様の会社に就職するんじゃないですか。

 基本的に、中小零細企業に就職する連中に優秀な若者はいません。

 家電量販店に行き、まともに挨拶ができる店員と出会えた日には、
 新荒田川でオオサンショウウオを釣り上げるくらいラッキーです。

 そうは言っても、その中で当社に適った人材を採用しなければいけない。

 そうです。いい人材とは、優秀な人間という意味ではなく、
 「うちの社風やレベルに合った人間」という意味なのです。

 だから、エクセルで表とグラフを作成できればOK!なのか、
 電話応対コンクールに出場できるレベルがあればいいのか、
 税理士の試験科目で3科目以上取得していればいいのか。

 要は、何をすればあなたの会社に入る要件を満たすことができるのか?

 これをはっきりさせてあげないと「いい人材=うちに合った人間」は、
 いつまで経っても現れません。

 なんとなくいい人とかフィーリングが合う人ばかり探しているから、
 ただいたずらに時間が過ぎて終わるのです。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 例えば、お付き合いする相手でもそう。

 「いい相手がいない」

 「どんな奴がいい相手なの?」

 「なんとなく雰囲気がいい人」

 「・・・」

 あなたが選ぶことも大切ですが、相手が何をすれば、
 あなたの眼中に入る要件を満たすことができるのか?

 「足のサイズが28cmの人がいい♪」と聞けば、
 「そうか、あと2cm大きく伸ばそう」と頑張ることもできる。

 選ぶ権利があるなら、めぐり会う要件を示す義務もある。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

2010年04月6日(火)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月06日    第01871滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【自分の番が来ない列はない】
 +
────────────────────────────────□──

 例えば、あなたがスーパーのレジに並んでいたとします。

 そこがバローであろうと西友であろうとイオンであろうと
 この際どこでも構いません。とにかく、スーパーです。

 すると隣の列に並んでいた人が1人減ったので、そちらに移りました。

 ところが、自分の2人前のおばちゃんが代金を小銭で支払おうと、
 ジャラジャラと大量の10円玉をカウンターの上に並べ出しました。

 結局、最初に並んでいた列のほうが早かったりするものです。

 往々にして。

 「ハハハ~。よくあるあるそーいうの♪」

 だから、他人事のように「ハハハ~」と笑ってる場合じゃないんだよ。

 それは「今の会社が、今の仕事が自分の性分に合わないから、
 辞めたい、変わりたい」というのとなんら変わりません。

 「隣の芝生が真っ青に見えるでしょ」と忠告しても、
 「そんな軽はずみな考えじゃない」と反論しますが、

 結局は並んだ列を変えることと同じじゃないですか。

 1分でも早く前に進みたければ今、並んでいる列を変えないことです。

 誰でも隣の列のほうが早く進むように見えるけど、
 それは隣の芝生が真っ青に見えることと同じです。

 最初に並んだ列で順番が来るまでジッと待てばいい。

 自分の番が来ない列はない。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 あと2人で自分の番だというのに、チラッと見たら
 お隣さんは1人しか並んでいないのでそちらに移る。

 その1人が一言も日本語がしゃべれないクロアチア人で、
 レジのお姉さんと筆談&ジェスチャー合戦をし始めます。

 絶対にそういうものです。

 隣の列に並んでいる人があと1人だけとなったら、
 「あの人は日本語がしゃべれないクロアチア人だ」と思いましょう。

 この際、エチオピアやタンザニアに置き換えても構いません。

 とにかく今、自分が並んでいる列が最高なんだと思えればOKです。

 今日は、思いのほか国際的な内容になったそんな気がする。ちなみに、
 10円玉をジャラジャラやるのは、大阪のおばちゃんのイメージです。

 どんな列に並んでいようが自分の番が来ない列などない。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

2010年04月5日(月)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月05日    第01870滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【OVER THE RAINBOW ~虹の彼方に】
 +
────────────────────────────────□──

 4月に入り、とっくに入社式も終わったことだと思います。

 するとそこそこの規模の会社では、新入社員を集めては
 便宜上、朝から晩まで教育研修をやりまくります。

 そこで1人の人事部長兼研修部長からメールがありました。

 教育研修のときに最初に訓示する内容についての添削です。

 もうこーいう面倒臭いというか些細な作業というか、
 私にとってどーでもいいような仕事が嫌で仕方ないのですが、

 以前におごってもらったことがあったのでザッとやりました。

 メールに書かれてあったその内容をかいつまんで書きますと、

 「人生も仕事も NO RAIN, NO RAINBOW(ノーレイン、ノーレインボウ)。

  直訳すると、雨は嫌なものだが、その雨が降らないと美しい虹は出ない。
  つまり、辛いことの後には、素晴らしい出来事が待っているものですよ」

 とでも言いましょうか。

 これはハワイの諺らしいですが、これをどう添削すればいいのでしょうか。

 ただ、1つだけ思ったことを書いて返しました。

 芳醇な果実を手に入れるために辛いことを我慢しましょうと言うのは、
 目の前にニンジンをぶら下げて走らせるようなものとしか思えません。

 仕事=雨という図式ですよね。とすると、
 仕事は辛いものだが、それを乗り越えたらきっといいことがある。

 こんなことをまだ社会を知らない新入社員に言っていいものかどうか。

 雨=嫌なものではなく、雨=本当はワクワクするもの。

 雨が降れば、美しい虹の彼方に行くことができる!

 とでも説明したほうがいいのではないでしょうか。もっと言えば、

 「本当の幸せは苦しみの中にしか存在しない」と私は確信しているのですが、

 新入社員どころかその人事部長にも理解されないと思い、言いませんでした。

 雨が嫌なものだと一体、誰が決めたのでしょうかね。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 辛いことを乗り越えた者だけに明るい未来が訪れる。

 この言葉で心が動くうちはまだOKですが、
 「じゃあ、俺は今、辛いことをしてるんだ」と気づき始めるのが、

 5月。

 だから、五月病が発症するんでしょうかね。

 どうしてわざわざそれが辛いと洗脳するのでしょうか。

 どうせ洗脳するなら、それ自体は「本当はいいものなんだよ」と、
 やったほうがずっと救われると私は思います。

 度が過ぎると新興宗教になってしまいますが。

 とにかく雨=悪。虹=善という図式は五月病の元凶です。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

2010年04月2日(金)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2010年04月02日    第01869滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【そいつは「昭和の化石」じゃないですかい?】
 +
────────────────────────────────□──

 例えば起業家は、いい人脈を作るために、商売の販路を増やすために、
 あるいは人生の研鑽を追求するために多くの人々と出会おうとします。

 そこがリアルな異業種交流会であれ、ネット上の集まりであれ。

 でも、もうそーいうのは「昭和の化石」だと思うんですよね、私。

 一昔前に流行ったセミナー会社。要は、いろんなセミナーを開催し、
 その会費等で運営をまかなうシステムですが、今では青色吐息です。

 しかし、いまだにそれをやり続けている会社が多いのも事実です。

 他に能も何の案もないからでしょうが、傍目に痛々しいです。

 すると「でも、そこには立派な経営者もいますよ」と口を揃えたように言う
 連中がいることもこれまた事実。

 ほう。立派な経営者ねぇ。何を持って立派なのかは存じませんが、
 基本的にビジネスの世界では「仕事ができる=立派」なのでしょう。

 では、言わせてもらえば、そこにいるのは立派だった経営者では?

 要は、過去に仕事ができた年老いた「昭和の化石」じゃないですかい?

 異業種交流会とかネット上の集まりの中でワイワイ楽しくやっている連中は、
 すでに生涯賃金を稼ぎ切った人たちです。

 なのにその連中たちとの出会いを求めて若い起業家たちが群がります。
 昭和の化石と一緒にマイム・マイムを踊っても、老け込むだけだぜベイベー。

 その場に仕事が“現在進行でできる奴”がいるかどうか見渡して下さい。
 絶対に居ないって。

 できる奴は、群れることを非常に嫌います。何のメリットもないどころか、
 予想もしないデメリットだけが襲ってくるために。

 お年寄りを喜ばせるボランティアが趣味ならば、たむろせばいい。

 しかし、そのお年寄りは確実にあなたよりも資産を持っています。

 だったら、そんなことやっている場合じゃなかろうに。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 いい人との出会いは、十把一絡げでは得られません。

 セミナーとか講演会に行ってご覧なさい。
 前の方の席でガーガーいびきを掻いて寝ている初老のデブがいますでしょ。

 でも、誰も注意をしない。それは注意できない「昭和の化石」だからです。

 あの社長には逆らえない。という人間にろくな奴はいません。

 とは言え、過去の体験から得たノウハウを語ってくれることもあります。
 しかし、それってどう考えても後付ですよね。

 後からでは何とでもトッピングして言えるものです。

 だから、絶えず現在進行形で考え、動いている人の意見しか
 今の自分自身には当てはまらず、参考にはなりません。

 第一、その時代が違いますでしょ。

 ベイ・シティ・ローラーズが流行った1970年代と東方神起の現在と。

 すると「いや、時代が違っても経営に対する考え方は…」とみんな言います。

 ネットがなかった昔と普及しまくる今との違い。
 ネットが普及して失われた業界もあるんだから。

 いつまでも「昭和の化石」と遊んでいる場合じゃなかろうに。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス


メルマガ検索

最新の十滴

バックナンバー

RSS