2011年10月31日(月)

 ニッポンの社長へ!熱きメッセージ       FM:sabaku 38.9MHz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃砂┃┃漠┃┃に┃┃┃    2011年10月31日    第01946滴
 +  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
   http://www.sabakunimizu.jp/  社長専属コンサルタント:杉山弘道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは【小さな会社だからこそ成功する秘訣】や【なんだかんだ
 言っても生きたもん勝ち】という素敵なお話を社長専属コンサルタントの

 杉山弘道が日本語でバシッとお届けします!…→砂塵の如く、不完全日刊!

  【ダントツ日誌】…→ http://www.dandysugiyama.com/
  ───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ─ TALK LIVE! ─ ━━
 +
 +  砂漠に一滴:【ヤル気のない指導者】
 +
────────────────────────────────□──

 それでは今回は、お約束どおり三重県のT.A社長にだけお届けします。

 個人情報保護の観点から、その他の善意の第三者は読まないでください。
 しかしながら、あなたが悪意の第三者であれば致し方ありません。

 今から6年前に中古車販売業を一人でスタートしたT.A社長。
 それが今では従業員を14名も抱える立派な会社となりましたね。

 売上も毎年順調に伸び続けました。ところが、それと比例するように
 雑多な悩みもたくさん増えてきました。

 その悩みの82%以上を占めるのが組織のあり方です。

 社員10人、アルバイト4人の総計14名の従業員との関係が
 どことなくギクシャクしているという極めて曖昧な相談を受けた私。

 そっちへ行ったことがない私にどうやって理解しろというのでしょうか。

 それはさておき、経験豊かな私には大体のことは分かってしまうのです。

 多くの場合、一人で起業した人間は「ヤル気のある指導者」です。

 これ、半分褒めていて半分けなしています。
 その理由は23行下を読めば分かります。

 ところが、従業員が増えて組織が大きくなってくると
 多くの社長は「ヤル気のある支配者」と必ず変化してきます。

 トップが支配者となった企業は、すべて大王製紙と同じです。

 T.A社長、あなたの会社はあと2cmで大王製紙ジュニアです。

 では、そうならないためにはどうしたらよいのでしょうか?

 どうせ誰も答えられないだろうからサッサと正解を言います。

 答えは、「ヤル気のない指導者」になることです。

 支配者ではなく指導者であるべきだという理由など
 あえてここで説明しなくてもいいですよね。

 では、どうして「ヤル気のない」がよいのでしょうか?

 どうせ誰も答えられないだろうからトットと正解を言います。

 ヤル気のボルテージが高ければ高いほど左右が見えないからです。

 ヤル気など「○○をやれ!」と命令された従業員にだけあれば、
 それで十分です。

 イノシシの如く、真っ直ぐに突き進めばいいだけだから。

 ところが、それが組織の長だったらどうでしょうか。

 ましてや、元々一人で始めた事業なので、人の扱いもお金の使い方も
 すべてにおいてド素人です。

 いいですか、ヤル気がある奴ほど前しか見えないということです。

 だから、そーいう浅はかな奴が何百万円もする金の壺を買ったり、
 得体の知れない宗教団体に入ったり、私に相談したりするのです。

 夢に溢れた最初の頃は、みんな「ヤル気のある指導者」ですが、
 そこそこの規模になれば、必ず「ヤル気のある支配者」になるものです。

 それは仕方がない。貧乏人が大金を握ったわけですから。

 しかし、倒産したくなければピカチュウからライチュウに進化するように
 いい加減、そろそろ「ヤル気のない指導者」に変わってみませんか。

───────────────────────────────────
 一┃筆┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛

 ゼニガメからカメールという進化系を例にするのも考えたのですが、
 これを理解できない頭の固い人が多いと勝手に思い、断念しました。

 ちなみに、ゼニガメ → カメール → カメックスです。

 ポケモンの進化系を見るたびに大昔、授業で習った
 未然、連用、終止、連体、仮定、命令を嫌でも思い出します。

 一種のトラウマです。

 「已然形+ば」が私の人生に何をしてくれたと言うのでしょうか。

 申し訳ありません。まったく久しぶりのメルマガなので、
 どうやって終わればいいのか分からなくなってきました。

 ヤル気云々を声高に問う人が多いですが、
 ヤル気の方向性を考えたことはあるのでしょうかね。

 むしろ方向性さえ正しければ、そんなものは必要ないと思うのですが。

 では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【砂漠に水】 Drop by drop shifts the desert to oasis.
 ────────────────────────────────
  □発行者:杉山弘道
  □サイト:http://www.sabakunimizu.jp/
  □ブログ:http://www.dandysugiyama.com/
                           sabakunimizu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%、返事はしません。

コメント

コメントはまだありません

コメントの投稿

コメントの更新情報

トラックバックURL

http://www.sabakunimizu.jp/2011/10/31/01946/trackback/

 

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス


メルマガ検索

最新の十滴

バックナンバー

RSS